ビタミンCを肌にぬるのは効果なしと感じるのはなぜ?

公開日:2024/07/11
効果なしと感じる

ビタミンC配合の化粧品を使っているのに「効果がない」と感じたことはありませんか?ビタミンCは吸収が早く、あっという間に外へ排出されるため、使い方を間違えると充分な効果を感じにくくなります。

そこで今回は「効果なし」と感じる原因と「効果あり」になる方法をまとめてみました。ビタミンCの恩恵をしっかり受けたい方は参考にしてみてください。

即効性の低いビタミンCを使用している

ビタミンCの化粧品は、使い方や成分などによって効果が異なります。そのため、ビタミンCと記載されていても、すべての商品が同等の効果を得られるわけではありません。とくに即効性が低いビタミンCは、効果を発揮するまでに時間がかかってしまうため、数日の使用では効果を感じにくいでしょう。

ほかにも、酸化している場合や肌トラブルがひどい場合なども、ビタミンCの効果を発揮しにくいといわれています。それぞれ、くわしく解説していきましょう。

ビタミンC誘導体

化粧品に含まれているビタミンCは、ピュアビタミンとビタミンC誘導体の大きく2つの種類にわけられます。ピュアビタミンCとは、その名のとおり「ピュア」な状態のビタミンCのことで、余分な成分が配合されていないので、そのままを肌に届けることができます。活性型ビタミンCや即効型ビタミンCとも呼ばれています。

一方でビタミンC誘導体は、純粋なビタミンCではないため、吸収されにくく酸化しやすいのが特徴です。基本構造に大きな変化はないものの、ほかの分子とあわさることでビタミンCに変化するため、どうしても効果が発揮されるまでに時間がかかってしまいます。

酸化している

ビタミンCは非常に繊細な成分なので、時間の経過とともに酸化していきます。とくに弱いのが、温度・空気・光の3つです。直射日光が当たる場所での保管や遮光されていない容器に入ったものはあっという間に黄色くなり、酸化が進むと茶褐色になります。

また、一度酸化した成分は元には戻らないだけでなく肌トラブルを引き起こす原因にもなるため、なるべく早めに使いきるようにしましょう。使用期限が明記されていないものは、製造から3年以内に使いきるのがおすすめです。もちろん、3年以内でも変色や独特のニオイがする場合は使用をストップしましょう。

ビタミンCでは対応できない肌トラブル

ビタミンCで得られる効果は、毛穴の開き・乾燥・ハリ不足・くすみなどが一般的です。年齢を重ねた肌へのエイジングケアにも適しており、ほかの成分と併用することでより高い効果を得ることができます。

それでも「効果がない」と感じるのは、もしかしたらビタミンCでは対応しきれない肌トラブルを起こしている可能性があります。なかでも、深いシワや頑固なニキビ跡は効果の範囲を超えているため、セルフケアでは対応できません。シミの場合も、肝斑や老人性色素斑などは、残念ながら効果を実感しにくいでしょう。

乳液やクリームを使っていない

スキンケアの手順は、化粧水→美容液→乳液→保湿クリームが一般的です。化粧水の前に導入化粧水or美容液を取り入れたり、保湿クリームの前にシートマスクを使用したりする場合もありますが、どの手順でスキンケアをしても、かならず乳液や保湿クリームで肌に必要な油分を補給しなければいけません。

ビタミンC配合の化粧品で効果を感じにくいのは、正しい手順でスキンケアができていない可能性があります

経口摂取よりスキンケアが効果的?

ビタミンCは水溶性なので、すぐに吸収されると同時に排出されるのも早いといわれています。そのため、こまめに摂ることで効果が発揮しやすくなります。

1日1回摂取しただけでは、残念ながら効果は得られません。もちろん、健康や美容のためにも食べ物やサプリでビタミンCを摂ることは大切ですが、きちんと摂りたい方は経口摂取+スキンケアを併用するのがおすすめです。

経口摂取では不足しやすい

体内の臓器でもっともビタミンCの消費量が高いのは「副腎」です。副腎とは腎臓の上に位置する小さな三角形の臓器のことで、副腎が弱ると疲労感や脱力感など身体の不調を訴えるようになります。

ストレス社会の現代では、1日に多くのビタミンCが副腎から消費されます。当然、充分なビタミンCが摂取できていないと不足してしまい、肌にまで栄養が行き届かなくなります。

そのため、肌に直接ビタミンCを届けるには経口摂取よりスキンケアのほうが効果的でしょう。

サプリはスキンケアと併用する

一番よいのは、経口摂取+スキンケアです。化粧品だけで完璧に補うことはできないため、食べ物やサプリなどを併用することで+αの効果が実感できます

ビタミンCを多く含む食品には、くだものをはじめ、野菜や芋類、し好飲料類などがあり、代表的なものはいちご・ゆず・キウイフルーツ・ブロッコリー・キャベツ・じゃがいもなどが挙げられます。バランスのよい食事を心がけていれば、極端に不足する心配はないでしょう。

正しい使い方ができていない

スキンケアには、商品ごとに「正しい使い方」があります。ビタミンCの場合はとくに使い方ひとつで効果がまったく異なるため、肌に充分な栄養を届けるためにも、正しい使い方をマスターしましょう。

1日2回使用する

まず、使用頻度は朝・晩の2回になります。少しでも長くビタミンCのメリットを発揮するためには、1日1回では不充分です。日中は紫外線によってすぐに消費されるので、朝にしっかり補給しておきましょう。

ポイントは「朝C・夜A」です。朝CとはビタミンCを意味し、夜AとはビタミンA(レチノール)を意味します。もちろん、朝晩どちらもCでスキンケアをしてもよいですが、より美肌効果を高めるなら夜は同じビタミンでもAを使うようにするとよいでしょう。

ちなみに、朝Cでは抗酸化作用や抗炎症作用があるものがおすすめです。それ以外のビタミンC化粧品を使ってしまうと、日焼けやシミの原因になるので注意してください。

推奨量を守る

基本的に、商品に記載されている推奨量を守って使用します。もったいないからといって使う量を減らしてしまうと、充分な効果が得られなくなってしまいます。かならず推奨量を守り、肌にしっかりビタミンCを補ってあげましょう。

手で温めてから使う

手のひらで温めることで肌への浸透力が高まります。もちろん、手に取ってすぐに塗布してもよいですが、効果アップを期待するなら温めたほうがおすすめです。そのあと、化粧水なら顔全体をおおうように馴染ませ、美容液や乳液なら額・頬・あご・鼻に5点置きし、馴染ませていきます。ハンドプレスすると浸透力が高まり、充分な効果が実感できます。

スキンケアの動画を見ると、ときどき叩いて浸透させている方がいますが、肌を強く叩くと傷つけてしまうのでおすすめしません。すべての工程は「やさしくていねいに」が基本です。

ほかの成分との組み合わせで+αの効果

ビタミンCと相性のよい成分を組み合わせることで、+αの効果を実感できます。たとえば、ナイアシンアミドやレチノールなどです。

ナイアシンアミドとはビタミンB3のことで、シワや美白、肌荒れなどに効果があるといわれています。ビタミンCにはないセラミド産生が可能になるため、併用することで肌トラブルにしっかり働きかけてくれます。

このほかにも、パンテノール(ビタミンB5)やトコフェロール(ビタミンE)などとの相性も抜群です。パンテノールには肌荒れ抑制効果があり、代謝を高め、きめの細かい肌へと導いてくれます。一方でトコフェロールは、シミを集中的に改善したいときにおすすめです。抗酸化作用もあるので美肌効果も期待でき、ビタミンCとの併用で白く美しい肌を手に入れられるでしょう。

まとめ

効果がないといわれがちなビタミンCですが、正しい成分や使い方を取り入れることでしっかり効果を発揮してくれることがわかりました。

そもそもビタミンCは吸収力が高く、あっという間に体外へ排出されてしまいます。そのため、充分な効果を実感するためには、朝晩のスキンケアに取り入れたり、記載されている推奨量を使用したり、食べ物やサプリと併用したりするなど、たっぷり補うことが大切です。

また、即効性を期待するなら、ビタミンC誘導体よりもピュアビタミンCのほうが効果が期待できるでしょう。もちろん肌との相性もありますので、敏感肌の方は使用上の注意を守って使用してください。

ビタミンCスキンケア比較表

イメージ






商品名サイクルプラス エンリッチローションビタブリッド CフェイスオバジCセラムシリーズメラノCC 薬用しみ対策美白化粧水キールズ DS クリアリーブライト トリートメントトナードクターシーラボ VC100エッセンスローションEX エトヴォス 薬用アクネVCローション
ジャンル化粧水その他(パック)美容液化粧水化粧水化粧水化粧水
内容量80ml + パウダー ※約1か月分3g(約1か月分)オバジC5セラム:12ml
オバジC10セラム:12ml・26ml
オバジC20セラム:15ml
オバジC25セラム:12ml
ボトル:170ml
つめかえ用:170ml
200mL28~285ml150ml
価格〈通常価格〉
1本:3,080円
〈定期便価格〉
2本:5,544円
※10%OFF
※定期便は2本からの購入
〈通常価格〉
1本:6,820円
※送料別:528円
〈定期便価格〉
1本:5,456円
※20% OFF
※送料別:110円
※1本定期お届けコースの場合
■オバジC5セラム
〈通常価格〉
12ml:3,300円
■オバジC10セラム
〈通常価格〉
12ml:4,400円
26ml:7,700円 など
オープン価格〈通常価格〉
1本:6,270円
〈通常価格〉
1本:5,170円
〈定期便価格〉
1本:4,136円
※20% OFF
〈通常価格〉
1本:4,180円
〈定期便価格〉
1本:3,762円
※10% OFF
特徴即効性が高い水溶性と、浸透力が高い油溶性、両方の特性を活かしたビタミンC誘導体「APPS」を採用。水に溶かして1日2回塗れば、長時間、純粋ビタミンCパックを続けられる。本来の均一な肌色へ導き、毛穴やキメの乱れなど、肌トラブルにマルチに働きかける化粧水。顔全体にうるおいを与えながら、日やけによるシミへ対策できる薬用美白化粧水。外的環境により刺激を受けた肌をやさしい感触で整えながら、肌に潤いやツヤを与える化粧水。高浸透ビタミンCをVCローション史上最高濃度で配合。エトヴォス誕生のきっかけとなった、創業者の尾川が自分のためにつくった1本のビタミンC誘導体入り化粧水。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

よくあるご質問とその回答

  • アプレシエ(APPS)って何が凄いの?
  • アプレシエ(APPS)は、ビタミンC誘導体の一種で、通常のビタミンCよりも安定性が高く、より効果的に肌の明るさを向上させ、シミ・そばかすを軽減するようです。また、抗酸化力も高く、肌を保護する効果があるようです。
  • ビタミンC誘導体ってどんな効果があるの?
  • ビタミンC誘導体は、肌の明るさを向上させ、シミ・そばかすの軽減、コラーゲン生成の促進など、ビタミンC本来の作用を発揮するようです。
  • ビタミンCスキンケア製品はどのように使うのが効果的ですか?
  • 通常、ビタミンCスキンケア製品は朝のスキンケアに組み込むことがおすすめです。洗顔後、化粧水の前に使用し、薄く均一に顔に塗布し、日焼け止めを併用することが大切なようです。
  • ビタミンCスキンケア製品はどの程度の頻度で使用すべきですか?
  • 通常は毎日の朝に使用することが一般的なようです。ただし、肌が敏感な場合は週に数回から始め、徐々に頻度を増やすことをおすすめします。個々の製品の指示に従うことも重要です。
  • ビタミンCスキンケア製品はどのように保存すべきですか?
  • ビタミンCスキンケア製品は光や酸化から守るため、冷暗所に密閉容器で保管することが重要です。また、製品の使用期限に注意してください。
  • ビタミンCスキンケアはどの季節に最適ですか?
  • 通年で利用できますが、特に太陽の強い季節や日焼けが気になる時期に効果的なようです。