「ビタミンC化粧水を朝使うと、日焼けやシミの原因になる」はウソ?ホント?

公開日:2024/07/11
日焼けやシミ

朝、ビタミンC化粧水を使うと「シミができる」なんてウワサを聞いたことはありませんか?シミ改善によいとされるビタミンCが、朝に使用するとシミができるといわれているのには「あること」が大きく関係しています。

今回は、朝のスキンケアでビタミンC化粧水を使うと、日焼けやシミの原因になる理由について情報をまとめてみました。もはや都市伝説にもなっているこのウワサ、実際のところはどうなのでしょうか?

ビタミンC化粧水は朝使ってもOK!

ビタミンC化粧水を朝に使っても、シミができることはありません。ではなぜ、このようなウワサが広まったのでしょうか?

ここでは、その原因とビタミンCとの関係性について紹介します。

原因はソラレン

朝にビタミンC化粧水を使うと「シミができる」といわれる原因は「ソラレン」と呼ばれる光毒性物質が大きく関係しています。ソラレンは野菜や果物に含まれており、紫外線に反応して肌に悪影響をおよぼします。そのため、朝に摂取すると短時間で体中に行き渡り、紫外線を浴びることでシミやくすみが発生しやすくなるのです。

ソラレンが含まれている食材は、レモンやライム、グレープフルーツどの柑橘類をはじめ、セロリやパセリなどが挙げられますが、摂取方法(生もしくは調理したもの)によって受ける影響が異なるため、かならずしもすぐに症状が出るわけではありません。

また、影響が出るとされるソラレン摂取量は10mgとされており、これはたとえばレモンなら30kgと、1日のなかで摂取するには非現実的な量でもあります。ただし、グレープフルーツに関しては約2個で影響を受けやすくなるので、摂取の際は注意してください。

ビタミンCとの関係性

ソラレンが含まれている食材を見ると、柑橘類が多いことがわかります。柑橘類にはビタミンCも多く含まれており、ソラレンに比べて知名度もあります。柑橘類を摂取して日焼けをしたのであれば、ほとんどの人はビタミンCによるものだと考えるでしょう。

しかし実際は、ソラレンとビタミンCには深い関係性はなく、朝にビタミンCの化粧水を使ったからといって日焼けをすることもシミができることもありません。また、ソラレンも大量摂取した場合に紫外線の影響を受けるため、少量なら問題ないでしょう。

ビタミンC化粧水を朝に使うとうれしいこと

朝のスキンケアでビタミンCを取り入れても、日焼けやシミは発生しないことがわかりました。それどころか、ビタミンC化粧水を使うことでメリットがたくさんあります。

ここでは、朝にビタミンCを取り入れるとうれしいことを紹介します。

2つの作用が起こる

紫外線は、シミができるだけでなく、シワやたるみなど肌を老化させる原因になります。というのも、紫外線を浴びると活性酸素と呼ばれる体にサビをつくる物質が活発になり、皮膚細胞にどんどんダメージを与えるからです。

ビタミンCには、そんな紫外線の影響で起こる肌トラブルを改善・緩和する働きがあります。それが「抗酸化作用」と「抗炎症作用」です。抗酸化作用とは文字どおり酸化を防ぐ働きのことで、活性酸素を素早く取り除き、肌へのダメージを軽減してくれます。

一方で抗炎症作用は、外部刺激によって起こる炎症を鎮静させる作用があります。日焼けによって真っ赤になった肌も、ビタミンCを摂取すればシミやくすみの発生を防ぐことができます。もちろん、朝に使用すれば紫外線予防にもなるため、外部刺激も受けにくくなるでしょう。

抗酸化作用+抗炎症作用の2つの効果が得られるのは、ビタミンCの大きなメリットです。

コラーゲン生成をサポート

コラーゲンは、肌のハリに欠かせない成分です。加齢とともに減少していきますが、紫外線を浴びることでそのスピードが速くなります。残念ながら、コラーゲンを増やしたり、維持したりすることはできませんが、ビタミンCを取り入れていれることで減るスピードが抑制できます。

よりビタミンCの効果を高めるなら、朝のスキンケアだけでなく、美顔器やピュアビタミンC配合の化粧品を使用するなど工夫してみてください

メラニン生成を抑制する

シミの大敵となるのがメラニンです。メラニンはチロシンと呼ばれるアミノ酸の一種で、紫外線を浴びることでチロシナーゼが発生し、無色透明から黒色へと変化していきます。このチロシナーゼの活性化を抑えてくれるのもビタミンCになります。

さらに、還元作用で今できているシミにも働きかけ、薄くしてくれる効果も期待できます。

過剰な皮脂分泌を抑える

夏になると、日差しが強くなるだけでなく、暑さによって汗や皮脂分泌も過剰になります。混合肌やオイリー肌であれば、とくに気になる方が多いのではないでしょうか。

過剰に分泌された皮脂は、ニキビや角栓などを発生させるだけでなく、毛穴の詰まりや黒ずみの原因にもなるといわれています。放っておくと開き毛穴やクレーターを引き起こす可能性もあるため、正しいお手入れが必要です。

ビタミンCには皮脂分泌を抑える効果があるので、朝のスキンケアに取り入れることでニキビ予防はもちろんのこと、Tゾーンのテカリも抑えられます。化粧水をスプレーボトル入れてカバンに入れておけば、いつでもどこでもビタミンCが摂取できるのでおすすめです。

朝と夜で使い分ける「ビタミン」

近年、注目されているのが朝と夜で使いわけるビタミンです。「一体どういうこと?」という方のために簡単に説明すると、朝はビタミンCの化粧品で、夜はビタミンAの化粧品でお手入れする最新のお手入れ方法になります。

海外のSNSで発信され、今では日本でも定番関しつつあります。「朝C」「夜A」と聞いてピンとくる方もいるのではないでしょうか?

ここでは、それぞれの方法や特徴について解説します。

朝はビタミンC

朝は紫外線対策を重視し、抗酸化作用や抗炎症作用のあるビタミンCの化粧品を使用します。ビタミンC配合の化粧品であれば基本的になんでもOKですが、即効性を期待するならピュアビタミンCが含有のものがおすすめです。つけた瞬間から効果を発揮してくれるので、忙しい方でも簡単にビタミンCを取り入れられます。

手軽なものなら、ビタミンC誘導体でもOKです。ピュアビタミンCほどの効果はありませんが、持続性があるので朝のスキンケアにもおすすめでしょう。

化粧水以外にも、シートマスクで朝Cを取り入れることもできます。洗顔+スキンケア+保湿下地がいっしょになったものもあるので、慌ただしい朝でもしっかりお手入れできます。

夜はビタミンA

一方で夜は、ビタミンA配合の化粧品を使用します。ビタミンAとはいわゆるレチノールのことで、紫外線との相性はよくありません。そのため、朝に使用すると空気や湿度によって劣化し、紫外線を浴びると簡単に不活化してしまいます。

レチノールにはシワやたるみを改善する効果のほか、肌の保湿力を高める効果も期待できます。さらに新陳代謝も促進されるため、肌のターンオーバーも加速してくれます。シミやそばかす、色素沈着などが気になる方は、夜Aでしっかりお手入れしましょう。

ビタミンCも配合した美容液なら2つの恩恵を受けられるので、効果も高まります。

ビタミンCにはこんな効果も

ビタミンCは、日焼けやシミを防ぐだけでなく、気になる毛穴問題にも有効です。毛穴トラブルをそのままにしておくと、詰まりや黒ずみを引き起こすだけでなく、開き毛穴やクレーターになる恐れがあります。

また、顔全体の印象も暗くしてしまうため「老け顔」の原因にもなります。

ビタミンCを取り入れたスキンケアを心がけていれば、紫外線などの外的刺激から肌を守り、毛穴問題も解決してくれます。化粧水なら水分補給もできるので、うるおいのある肌へも導いてくれるでしょう。

一度重症化した毛穴トラブルは、セルフケアでは改善しません。そうなる前に、朝C・夜Aのスキンケアを取り入れてみてください。

まとめ

ビタミンC化粧水は、朝のスキンケアに取り入れても問題にならないことがわかりました。むしろ朝は、ビタミンCを取り入れたほうが紫外線による外的刺激から肌を守ってくれるので、日焼けやシミを防ぐことができます。そのほかにも、コラーゲン生成を促進したり、抗酸化作用・抗炎症作用が期待できたり、うれしいことがたくさんあります。

「朝C・夜A」という新たなスキンケア法も誕生しているので、朝にビタミンC化粧水を使うことに抵抗がある方は、ぜひこれを機にどんどん取り入れてみてください。

ビタミンCスキンケア比較表

イメージ






商品名サイクルプラス エンリッチローションビタブリッド CフェイスオバジCセラムシリーズメラノCC 薬用しみ対策美白化粧水キールズ DS クリアリーブライト トリートメントトナードクターシーラボ VC100エッセンスローションEX エトヴォス 薬用アクネVCローション
ジャンル化粧水その他(パック)美容液化粧水化粧水化粧水化粧水
内容量80ml + パウダー ※約1か月分3g(約1か月分)オバジC5セラム:12ml
オバジC10セラム:12ml・26ml
オバジC20セラム:15ml
オバジC25セラム:12ml
ボトル:170ml
つめかえ用:170ml
200mL28~285ml150ml
価格〈通常価格〉
1本:3,080円
〈定期便価格〉
2本:5,544円
※10%OFF
※定期便は2本からの購入
〈通常価格〉
1本:6,820円
※送料別:528円
〈定期便価格〉
1本:5,456円
※20% OFF
※送料別:110円
※1本定期お届けコースの場合
■オバジC5セラム
〈通常価格〉
12ml:3,300円
■オバジC10セラム
〈通常価格〉
12ml:4,400円
26ml:7,700円 など
オープン価格〈通常価格〉
1本:6,270円
〈通常価格〉
1本:5,170円
〈定期便価格〉
1本:4,136円
※20% OFF
〈通常価格〉
1本:4,180円
〈定期便価格〉
1本:3,762円
※10% OFF
特徴即効性が高い水溶性と、浸透力が高い油溶性、両方の特性を活かしたビタミンC誘導体「APPS」を採用。水に溶かして1日2回塗れば、長時間、純粋ビタミンCパックを続けられる。本来の均一な肌色へ導き、毛穴やキメの乱れなど、肌トラブルにマルチに働きかける化粧水。顔全体にうるおいを与えながら、日やけによるシミへ対策できる薬用美白化粧水。外的環境により刺激を受けた肌をやさしい感触で整えながら、肌に潤いやツヤを与える化粧水。高浸透ビタミンCをVCローション史上最高濃度で配合。エトヴォス誕生のきっかけとなった、創業者の尾川が自分のためにつくった1本のビタミンC誘導体入り化粧水。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

よくあるご質問とその回答

  • アプレシエ(APPS)って何が凄いの?
  • アプレシエ(APPS)は、ビタミンC誘導体の一種で、通常のビタミンCよりも安定性が高く、より効果的に肌の明るさを向上させ、シミ・そばかすを軽減するようです。また、抗酸化力も高く、肌を保護する効果があるようです。
  • ビタミンC誘導体ってどんな効果があるの?
  • ビタミンC誘導体は、肌の明るさを向上させ、シミ・そばかすの軽減、コラーゲン生成の促進など、ビタミンC本来の作用を発揮するようです。
  • ビタミンCスキンケア製品はどのように使うのが効果的ですか?
  • 通常、ビタミンCスキンケア製品は朝のスキンケアに組み込むことがおすすめです。洗顔後、化粧水の前に使用し、薄く均一に顔に塗布し、日焼け止めを併用することが大切なようです。
  • ビタミンCスキンケア製品はどの程度の頻度で使用すべきですか?
  • 通常は毎日の朝に使用することが一般的なようです。ただし、肌が敏感な場合は週に数回から始め、徐々に頻度を増やすことをおすすめします。個々の製品の指示に従うことも重要です。
  • ビタミンCスキンケア製品はどのように保存すべきですか?
  • ビタミンCスキンケア製品は光や酸化から守るため、冷暗所に密閉容器で保管することが重要です。また、製品の使用期限に注意してください。
  • ビタミンCスキンケアはどの季節に最適ですか?
  • 通年で利用できますが、特に太陽の強い季節や日焼けが気になる時期に効果的なようです。