紫外線のダメージから肌を守るにはビタミンC誘導体がおすすめ!

公開日:2024/03/15
太陽

ビタミンC誘導体が配合された化粧品は、シミが気になっている人にいち押しのアイテムです。この記事では、ビタミンC誘導体が持つ効果と、ビタミンC誘導体を配合した美容液の使い方のコツについて解説します。さらに、ビタミンC誘導体の種類と、肌質別に美容液を使い分けるポイントもお伝えします。

ビタミンC誘導体とは?紫外線によるシミを防ぐ成分

ビタミンC誘導体が配合された化粧品を、お店などで見かけたことはありますか?ビタミンC誘導体はビタミンCを改良して、ビタミンCの持つ肌への効果を効きやすくした成分です。ビタミンCには、メラニンの生成を抑える作用があります。

そのため、ビタミンCを肌から摂り入れれば、紫外線によるメラニンの生成を抑え、シミを防ぐ効果が期待できるといわれています。しかし、ビタミンCそのものは肌表面から吸収されにくく、空気に触れるとすぐに酸化してしまうのがデメリットです。

安定性が低いために、ビタミンCを化粧品に配合するのは困難だといわれてきました。そこで、ビタミンCの効果を発揮しつつ化粧品に配合できる成分として、ビタミンC誘導体が開発されました。ビタミンC誘導体はビタミンCと同じようにメラニン色素の生成を抑え、シミを防ぐ効果を持っています。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCのように肌に触れてすぐ酸化することはありません。肌に吸収されてからビタミンCに変化するため、安定して効果を発揮します。また、ビタミンCには活性酸素を除去する効果があるといわれていますが、ビタミンC誘導体にも活性酸素を取り除く効果が期待できます。

紫外線を浴びたときに発生する活性酸素はメラニンを増やす要因でもあるので、ビタミンC誘導体を配合したスキンケアはメラニンの生成抑制に効果的といえるでしょう。

ビタミンC誘導体美容液の効果的な使い方

美容液は肌悩みに特化したスキンケアです。美容液にはたくさんの種類がありますが、シミで悩んでいる人には、ビタミンC誘導体を配合した美容液がおすすめです。ビタミンC誘導体美容液の効果を引き出すためには、正しい順番で使うことがポイントになります。

タイミングは「化粧水のあと」!

一般的に、美容液をつけるのは化粧水の後です。スキンケアをするときは、洗顔で顔を清潔にしてから、化粧水を肌に十分なじませましょう。肌にうるおいを与えることで、その後につける美容液が肌になじみやすくなります。

美容液は手のひらで広げてから塗布

つづいてビタミンC誘導体美容液を使いますが、美容液は最初に手のひらに取って、広げてから肌に塗布しましょう。摩擦が起きないように、やさしく肌になじませてください。時間があればハンドプレスすると、美容液が角質層に浸透するのを助けます。

シミが特に気になる部分があれば、美容液を重ねて塗るとよいでしょう。

乳液やクリームをつけて肌にうるおいを

美容液が肌になじんだら、乳液やクリームをつけて肌を整えましょう。

ビタミンC誘導体美容液で注意すべきポイント

美容液の使用量は製品によって違いますが、もったいないからといって少なめに使うと、本来の効果を得られない可能性があります。美容液は、メーカーが推奨している使用量を守って使いましょう。

また、ビタミンC誘導体美容液は、保管方法に注意が必要です。ビタミンC誘導体配合の美容液は、色のついた遮光瓶に入れた状態で販売されていますが、これは紫外線が当たるのを防ぐためです。ビタミンC誘導体が配合された美容液は、直射日光が当たらない風通しのよい場所で保管しましょう。

肌タイプや目的に合わせて選ぼう

ビタミンC誘導体は、1種類ではありません。主な種類は「水溶性」「脂溶性」「両親媒性」の3つに分類されます。それぞれ効き方に特徴があり、肌への効果でビタミンC誘導体の種類を使い分けるのもひとつの方法です。

水溶性

水溶性のビタミンC誘導体は、角質層にすばやく浸透しますが、その効果は長く続きません。化粧品の成分表示に、リン酸アスコルビルナトリウム(APS)やリン酸アスコルビルマグネシウム(APM)などと記載されているのが、水溶性ビタミンC誘導体です。

脂溶性

脂溶性ビタミンC誘導体は、即効性はないものの、角質層に浸透しやすく、持続力が期待できます。濃度が高くても、比較的肌にやさしく刺激になりにくいといわれています。表示名の一例は、テトラヘキシルデカン酸アスコルビム(VICP)やパルムチン酸アスコルビルなどです。

両親媒性

両親媒性ビタミンC誘導体の特徴は、水溶性と脂溶性どちらの特性も持っている点です。即効性を持ちながら、持続性にも優れています。代表的な表示名は、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)などです。

それぞれどんな人におすすめ?

ビタミンC誘導体美容液は、肌質に合わせて選ぶ方法もあります。たとえば、乾燥肌の人には、脂溶性ビタミンC誘導体を配合した美容液がおすすめです。その理由は、水溶性ビタミンC誘導体が肌の乾燥を招きやすく、乾燥肌の人には向いていないためです。

ビタミンC誘導体のほかに、乾燥対策としてヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が入っているものを選ぶとよいでしょう。皮脂によるべたつきを感じやすい脂性肌の人には、水溶性ビタミンC誘導体を配合した美容液が適しています。

水溶性ビタミンC誘導体を使った美容液は、みずみずしくさらっとした使用感が特徴です。敏感肌の人は、ビタミンC誘導体の濃度が低い美容液から試してみましょう。

美容液に配合されているビタミンCの濃度は製品によってさまざまですが、濃度が高いビタミンC誘導体は肌に強い刺激を与える可能性があります。

美容液のビタミンC誘導体の濃度は、一般的に3%~25%程度のものが多いため、肌荒れなどのトラブルが気になる場合は濃度が3%〜5%美容液から使い始めるとよいでしょう。

まとめ

ビタミンC誘導体には、メラニンの生成を押さえてシミを防ぐ働きがあります。ビタミンC誘導体が配合されたスキンケアのなかでも、美容液はシミに悩んでいる人におすすめのアイテムです。ビタミンC誘導体を配合した美容液の効果を十分に得るためには、正しい使い方を身につけることが大切です。また、ビタミンC誘導体には種類があるので、機能の違いや、肌質に合っているかどうかという点にも注目して美容液を選んでみてください。

【その他】ビタミンCスキンケア

ビタミンCスキンケア比較表

イメージ






商品名サイクルプラス エンリッチローションビタブリッド CフェイスオバジCセラムシリーズメラノCC 薬用しみ対策美白化粧水キールズ DS クリアリーブライト トリートメントトナードクターシーラボ VC100エッセンスローションEX エトヴォス 薬用アクネVCローション
ジャンル化粧水その他(パック)美容液化粧水化粧水化粧水化粧水
内容量80ml + パウダー ※約1か月分3g(約1か月分)オバジC5セラム:12ml
オバジC10セラム:12ml・26ml
オバジC20セラム:15ml
オバジC25セラム:12ml
ボトル:170ml
つめかえ用:170ml
200mL28~285ml150ml
価格〈通常価格〉
1本:3,080円
〈定期便価格〉
2本:5,544円
※10%OFF
※定期便は2本からの購入
〈通常価格〉
1本:6,820円
※送料別:528円
〈定期便価格〉
1本:5,456円
※20% OFF
※送料別:110円
※1本定期お届けコースの場合
■オバジC5セラム
〈通常価格〉
12ml:3,300円
■オバジC10セラム
〈通常価格〉
12ml:4,400円
26ml:7,700円 など
オープン価格〈通常価格〉
1本:6,270円
〈通常価格〉
1本:5,170円
〈定期便価格〉
1本:4,136円
※20% OFF
〈通常価格〉
1本:4,180円
〈定期便価格〉
1本:3,762円
※10% OFF
特徴即効性が高い水溶性と、浸透力が高い油溶性、両方の特性を活かしたビタミンC誘導体「APPS」を採用。水に溶かして1日2回塗れば、長時間、純粋ビタミンCパックを続けられる。本来の均一な肌色へ導き、毛穴やキメの乱れなど、肌トラブルにマルチに働きかける化粧水。顔全体にうるおいを与えながら、日やけによるシミへ対策できる薬用美白化粧水。外的環境により刺激を受けた肌をやさしい感触で整えながら、肌に潤いやツヤを与える化粧水。高浸透ビタミンCをVCローション史上最高濃度で配合。エトヴォス誕生のきっかけとなった、創業者の尾川が自分のためにつくった1本のビタミンC誘導体入り化粧水。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

よくあるご質問とその回答

  • アプレシエ(APPS)って何が凄いの?
  • アプレシエ(APPS)は、ビタミンC誘導体の一種で、通常のビタミンCよりも安定性が高く、より効果的に肌の明るさを向上させ、シミ・そばかすを軽減するようです。また、抗酸化力も高く、肌を保護する効果があるようです。
  • ビタミンC誘導体ってどんな効果があるの?
  • ビタミンC誘導体は、肌の明るさを向上させ、シミ・そばかすの軽減、コラーゲン生成の促進など、ビタミンC本来の作用を発揮するようです。
  • ビタミンCスキンケア製品はどのように使うのが効果的ですか?
  • 通常、ビタミンCスキンケア製品は朝のスキンケアに組み込むことがおすすめです。洗顔後、化粧水の前に使用し、薄く均一に顔に塗布し、日焼け止めを併用することが大切なようです。
  • ビタミンCスキンケア製品はどの程度の頻度で使用すべきですか?
  • 通常は毎日の朝に使用することが一般的なようです。ただし、肌が敏感な場合は週に数回から始め、徐々に頻度を増やすことをおすすめします。個々の製品の指示に従うことも重要です。
  • ビタミンCスキンケア製品はどのように保存すべきですか?
  • ビタミンCスキンケア製品は光や酸化から守るため、冷暗所に密閉容器で保管することが重要です。また、製品の使用期限に注意してください。
  • ビタミンCスキンケアはどの季節に最適ですか?
  • 通年で利用できますが、特に太陽の強い季節や日焼けが気になる時期に効果的なようです。